田中 大貴

Daiki Tanaka, CEO

健康オタクで毎日茶を10杯以上飲むほどのお茶好き。
京都大学農学部卒業後、様々なキャリアを経て、「いつか農業で商売をしていきたい」という少年時代の夢を実現すべく、d:matcha kyotoを設立。日本茶を世界の"NIHONCHA”へするために、ワインのような、産地で茶の価値が決まるような飲み物にするという、熱い情熱を持っている。思いついたアイディアは100%形にする。旅行が好きで、旅先でも美味しいお茶が飲めるように急須と茶葉はいつも持ち歩いている。
日本茶インストラクター、子育て奮闘中の1児の父。

京都大学農学部食料環境経済学科卒。Babson College MBA。
Booz Allen Hamilton(現 PWC Strategy&.)で戦略コンサルタントとしてのキャリアを経たのち、EC Holdings株式会社取締役としてEC業界、Doughnut Plant Tokyo代表取締役としてフード業界での経験を積む。
2016年D-matcha株式会社設立。


阿嘉洋来

Hiroki Aka

農業に対する熱い情熱は人一倍。
琉球大学農学部卒業後、キャベツ農家、茶農家、に弟子入りし、実践的な農業のノウハウを習得。それらの経験が、現在、茶農家として茶の生産技術に活かされいる。
また、彼はd:matcha のシェフとしても活躍。手先の器用さと繊細さはd:matcha1であり、店のランチやデザートメニューの開発、焼き菓子の製造まで全てこなす。
畑の管理から茶菓子の製造まで彼に質問したら答えれないことはきっとない。

田中千盛

Chisei Tanaka

琉球大学農学部在学中に、農業のイメージを変えるため若者が憧れる農家になるという夢を抱いていた。
ある日、兄に誘われ共に茶ビジネスをすることを決める。大学在学中、オランダで農業留学を経験。その経験が現在グローバル茶農家として活かされている。
茶の販売担当であり、誰よりも茶を販売する能力に優れている。茶への愛が溢れ出し、出会ってしまったらきっと誰もがお茶好きになってしまう。d:matchaの商品パッケージには必ず彼が写っているのでぜひ見つけて欲しい。

田中美里

Misato Tanaka

京都大学農学部卒。d:matchaのマルチプレイヤー。イラストレーターから経理ソフト、人事/労務から、何でもこなす。
元銀行員ではあるが、実は、一番得意なのは接客で、持ち前の丁寧さで、地元のお客様から海外のお客様まで幅広く丁寧に御もてなしをする。

実家は愛媛のミカン農家であり、ミカンが届くと一日5個以上は食べている。

泉野菜月

Natsuki Izumino

ある日、家のチラシに入っていた茶畑ツアーに興味を持ち、社長がガイドするd:matcha茶畑ツアーに家族と参加。
和束町のお茶の美味しさと茶畑の美しさ、グローバルな環境に魅了され、ツアー直後にアルバイトを志願。
気づけば社員になっており、d:matchaのチームの一員として、現在は販売中心に活躍。岐阜県大垣市出身。茶の知識ゼロからのスタートだったが、今では、茶道の免除習得ためにお稽古奮闘中。好きな言葉は、「百聞は一見にしかず、百見は一体験にしかず」
茶道が大好き。日本茶インストラクター勉強中。

広本聖也アラン

Alan Seiya Hiromoto

アメリカで生まれ育ち、幼い頃から日本での生活を夢見る。高校卒業後に京都の茶道の専門学校に3年通い、22歳で卒業と同時に茶名(茶道の挙状)を取得。
人に抹茶を点てる事が好きで、常に野点セットを持ち歩いている。

福本晴華

Haruka Fukumoto

京都芸術デザイン専門学校卒業。農業から販売、デザインまでほぼ全てを自社で完結しているという農業とデザインの関係性に惹かれインターンに応募。d:matchaではパッケージデザインやウェブサイトなどのデザインワークを主にしている。
実家が中華屋を経営しているので餃子と愛犬が好き。

 

胡祐華

Yuka Ko

台湾出身。京都の製菓学校の和菓子専門科卒業。なぜ和菓子学校に進学したのかというと家族旅行で日本を訪れた時和菓子屋で和菓子の美しさと美味しさに感動して和菓子に興味を持ちはじめた。専門学校でお菓子について2年間しっかりと学んだ後、d:matchaに就職。
将来は人々に日本お菓子の魅力を日本だけでなく海外にも伝えていくこと。

Our Mission

d:matchaが大切にしていること、目標です。

About Wazuka

宇治茶の主産地、和束町とは?

Our History

移住の経緯、どうして和束町に決めたのか?

Our Team

茶栽培と販売を支えるスタッフ紹介記事です。