日本茶と健康

健康 お茶の種類から選ぶ

お茶の種類を学ぶ

お茶の種類

1つの茶樹から、無限の可能性。
抹茶、煎茶、玉露、ほうじ茶、紅茶、烏龍茶・・・。お茶には様々な種類がありますが、これらのお茶はすべて同じ「茶葉」から作られていることを知っていましたか?加工する際の工程の違いが、多彩なお茶の種類を生み出しています。ここでは、製法によるお茶の違いをご説明します。

お茶の種類

お茶の種類は大きく分けて
①不発酵茶、②半発酵茶、③発酵茶、④後発酵茶の4種類に分類されます。
一般的に「日本茶」と称されるのは、不発酵茶と呼ばれるお茶です。下記では、その中でも生産量の多い、代表的なお茶をご紹介します。

①不発酵茶

茶葉を収穫後、蒸す・炒る・煮るなど加熱する工程を経ることで、茶葉がもともと持っている酵素の働きを止め、発酵させずに乾燥させたものです。カテキンや旨味成分、ビタミンCなどが多く茶葉に残り、爽やかかつうまみある味わいで、日本で昔から親しまれています。

煎茶
  • (普通)煎茶

    生の葉を蒸した後、揉みながら乾燥し、針状に形が整えられたもの。爽やかな香り、旨味・渋みが調和し、のど越しの良い緑色のお茶となる。いわゆる「日本茶」の代表。

  • 深蒸し煎茶

    製法は普通煎茶と同じだが、蒸す時間を2~3倍ほど長くしたもの。渋みが抑えられ甘味が増す反面、香りは弱くなり葉が細かくなる。関東地方で好まれる。

  • 番茶

    新茶の季節以外や、収穫時期の合間に刈られた硬い茶葉を利用して作られた煎茶。さっぱりとマイルドな味わいで、旨味は少ない。ペットボトルなどのお茶に利用されることが多い。

煎茶の商品を見る
玉露・かぶせ茶
  • 玉露

    日本茶の中では「王様」とランクづけられる最上級煎茶。収穫前に覆いを被せ日光を遮り、茶葉の旨味成分を蓄え、強烈な旨味を持つお茶となる。生産量は僅少。

  • かぶせ茶

    玉露より覆いを被せる期間を短くしたお茶で、煎茶と玉露の中間の味わいを持つ。淹れ方によって味わいを変えられる万能選手。

玉露・かぶせ茶の商品を見る
碾茶・抹茶
  • 碾茶

    抹茶の原料となるお茶で、一般的には飲料に供されない。玉露と同じく収穫前に覆いを被せて旨味成分を蓄える。完成した後に一定期間熟成させ、抹茶の風味を醸成する。

  • 抹茶

    碾茶を石臼などで少量ずつ、ゆっくりと時間をかけて挽いたもの。熱を加えず挽くことで、美しい色と香りとなる。茶葉を丸ごと味わうため、茶の健康成分をすべて摂取することができる。

抹茶の商品を見る
再加工茶
  • ほうじ茶

    煎茶・番茶を褐色になるまで焙煎したもの。香ばしい香りが口の中をすっきりさせる、清涼感のある味わい。焙じる過程でカフェインがとび、カフェイン含有量は少ない。

  • ブレンドティー(d:ashi Tea)

    加工されたお茶に、別の原料を混ぜて風味や味わいを付けたもの。炒った玄米を混ぜた玄米茶や、ドライフルーツを混ぜたブレンドティーなど、多様な組み合わせが楽しめる。

ブレンドティーの商品を見る

②半発酵茶

茶葉を収穫後、生葉を放置し萎(しお)れさせ、茶葉が本来も酸化酵素の働きを働かせることを「萎凋(いちょう)」といい、茶葉に独特の色や香りを働かせることができます。
半発酵茶は、発酵の途中で茶葉を加熱し、発酵を止めたもの。その程度で様々な種類のお茶が製造されています。

烏龍茶
  • 烏龍茶

    半発酵茶の中で最も有名。発酵により芳しい香りが特徴的。一般的に渋み成分であるタンニンを多く含み、カテキンは少ない。中国が発祥と言われている。

③発酵茶

茶葉を収穫後しっかりと萎凋させたもの。一般的に、カテキンや旨味成分は減少し、代わりにタンニンが増え、香りが華やかに付加される。

紅茶
  • 紅茶

    代表的な発酵茶。世界中で飲まれており、愛好者が多い。発酵の過程でカテキンが酸化してできた成分により茶の色は赤くなる。熱湯を用いて、香りが立つように淹れる。

ページトップへ