d:matchaのこだわり

こだわり 和束町

和束町の茶畑から

d:matcha(ディーマッチャ)のお茶が生産されたのは京都府の南に位置する、相楽郡和束町。町の中央には清流が流れ、山里には緑が輝き、澄み切った自然の中でのびのびとお茶を栽培しています。和束町はお茶を栽培するのに、気象的・地形的に非常に恵まれた環境です。

和束町では古くから香り高い高級煎茶を栽培し、現在では「宇治茶」と呼ばれるお茶の4割弱を生産する一大産地。「宇治茶」と銘打ってあるお茶を飲んだ時には、知らず知らずのうちに和束のお茶を飲んでいる方も多いでしょう。私たちd:matchaは、この和束で代々お茶農家を営む生産者の茶畑まで足を運び、茶葉を直接仕入れていると同時に、d:matchaのスタッフもともに農作業に従事し、汗を流しています。

和束町では、町の中央を川が流れているほか、町全体がすっぽりと森林に囲まれています。その川と森林が「霧」を生み出しやすい環境となっており、この「霧」がお茶の旨み・甘味の秘密。

お茶の生育方法に注目すると、お茶の木は根っこから土壌の養分を吸収し、旨み・甘味成分であるテアニンをその葉に蓄えます。しかし、そのテアニンは日光を浴びると苦味・渋み成分であるカテキンに変化してしまうのです。そのため、特に玉露や抹茶などの高級茶を作るときには、一定日数を黒い寒冷紗と呼ばれるシートをかけ、日光が当たらないように育てます。つまり、一般的に植物の育成に必要な日光ですが、茶葉の栽培の際には直射日光を抑えたい時期があるのです。

そこで、和束の地形が有利に働きます。昼夜問わず発生する霧が、茶の木へと直射日光がかかるのを防ぎ、茶葉の中の旨み・甘味成分が渋み・苦味成分へ変化することを抑制してくれるのです。いわば、和束町全体が旨み・甘味成分をたっぷり含んだお茶をつくるのに適した土地。その自然環境を活かしたお茶は、日本中から高い評価を得ています。

高品質なお茶を生産するのに適した、自然環境に感謝して。私達は、茶の生産から販売まで全てに主体的に関わり、自分達の目で栽培されている茶葉を見て、産地で茶を味わい、納得のいく茶葉を仕入れてお客様にお届けします。
また、お客様の声を直接茶葉の生産現場に反映して、茶葉の生産からお客様の期待に応えられるように日々改善、努力をしてまいります。

d:matchaのこだわり目次へ

ページトップへ