日本茶と健康

健康 日本茶の歴史

日本茶の歴史

日本茶の歴史

1.神話の世界に、毒消しとして登場する「お茶」

神話の世界に、毒消しとして登場する「お茶」

茶の歴史は、茶の木の原産地である中国から始まりました。人類がお茶を利用した始まりは、なんと神話にまでさかのぼります。

中国では、伝説の皇帝「神農」が様々な植物を実験的に口にして、その薬効を明らかにしたと伝えられています。その神農が毒消しに使ったのが「茶」であり、史実に登場した当初から、お茶が持つ薬効が評価されていたのです。

2.栄西が京都にもたらした茶が由緒正しい「本茶」

栄西が京都にもたらした茶が由緒正しい「本茶」

日本には、中国からの伝来品として茶が伝えられ、はじめは貴族などの特権階級の間で楽しまれていました。

宋の時代(960-1279)、宋で修行した栄西(1141-1215)は臨済宗の開祖として有名ですが、当時宋で流行していた抹茶を持ち帰り、お茶が健康と長寿のもととなると広めていきました。栄西が持ち帰ったお茶の種子は、京都の栂尾(とがのお)高山寺(こうさんじ)に持ち帰られ、今でも日本最古の茶園が現存しています。また、その系譜に連なる宇治の地が、日本の茶生産・茶文化の中心を形成していきます。

3.日本文化形成の中心となった茶の世界

日本文化形成の中心となった茶の世界

戦国時代が終わりに向かう頃には、「侘び・寂び」に代表される日本人の精神性、また美しい焼き物や現代にも残る茶室など、多種多様な日本文化を形成していく中心に茶の世界がありました。茶の世界を大成した千宗易=利休は、織田信長・豊臣秀吉といった時代を代表する武将たちに仕え、政治の舞台にも登場するほどの存在感を示しました。没後もその孫たちにより、現代にも通ずる表千家、裏千家、武者小路千家といった流派にその精神は受け継がれています。

この時もたらされた抹茶は、寺院で禅僧の僧侶たちが精神修練の助けに用いた他に、禅に影響を受けた武士の間にも広まっていきました。やがて、日本茶は独自の発展を進めます。

4.庶民の暮らしにお茶が登場 煎茶が生まれたのは宇治の土地

庶民の暮らしにお茶が登場 煎茶が生まれたのは宇治の土地

庶民の暮らしにもお茶が浸透してきたのは、江戸時代のことでした。宇治の永谷宗円によって、現代でも飲まれている蒸し製煎茶の製法が確立され、急須を用いてお茶を飲む、という形式が普及し始めます。また、江戸時代には様々なお茶の産地が登場し、日本中で多様なお茶文化が育まれていきました。宇治の土地で、最も高級な玉露の製法が発明されたのもこの時代です。

5.「日本茶」が国一番の稼ぎ頭だった時代

「日本茶」が国一番の稼ぎ頭だった時代

1800年代、長い鎖国が解禁された日本では、世界に向けたお茶の輸出が始まりました。当時の日本においては、生糸と茶が最大の輸出品目で、ピーク時には日本で生産されたお茶の8割以上が輸出されています。その後、第二次世界大戦をきっかけに縮小していきますが、日本のお茶が世界で呑まれていることには、長い歴史があるのです。

6.お茶が健康に良いことの証明から、世界の注目を集める

お茶が健康に良いことの証明から、世界の注目を集める

現代では、もともと経験知として認識されていたお茶の効能・健康への効果などが数々の研究によって明らかにされています。テアニンといったお茶に特有の成分を世界で初めて発見したのは日本人研究者の辻村みちよであり、またカテキンについても4種類あるうちの3種類を日本人研究者が発見しています。科学的にお茶の健康への効果が立証されていき、ますます世界から日本茶への注目が集まっています。

健康 日本茶に含まれる栄養成分

日本茶に含まれる栄養成分

日本茶に含まれる栄養成分

お茶には様々な成分が含まれていますが、ここでは、代表的な成分を紹介します。特に、テアニン・カテキンはお茶に特有な成分で、様々な研究が行われています。

日本茶にしか含まれない、特別な成分

  • カテキン類

    抗酸化作用・殺菌/抗菌・虫歯/口臭予防・肥満/
    生活習慣病予防/脂肪蓄積/
    血糖値上昇の抑制・抗アレルギー作用

    お茶に特有な成分として有名。広義にはポリフェノールの一種。主に4種類のカテキンの存在が確認されている。強い抗酸化作用があり、食品の酸化を防ぐ品質保持剤としても使われる。殺菌/抗菌作用も強く、虫歯や口臭の予防にも効果がある。また、脂肪の蓄積や血糖値上昇を抑制するなど、生活習慣病や肥満の予防にも効果的。抗アレルギー作用も確認されており、その万能的な健康効果に注目が集まっている。

  • テアニン

    リラックス作用・冷え性改善・認知症予防

    アミノ酸類の一種で、お茶に特有な成分。お茶の味の中では「旨味」のもととなる。玉露/かぶせ茶や抹茶など、一般的に高価なお茶に多く含まれる。脳の興奮を沈めて、リラックスする効果がある。お茶に含まれるカフェインはテアニンの作用と拮抗し、コーヒーや紅茶と比べてカフェインが穏やかに作用すると考えられている。リラックスすることに伴い血管が拡張し、血行/冷え性の改善にも期待できる。また、疫学調査で認知症予防にも効果的であることが明らかにされている。

リフレッシュしたいときに嬉しい成分

  • カフェイン

    リラックス作用・冷え性改善・認知症予防

    コーヒーから発見されたため、"カフェ"インと命名された。脳を目覚めさせる覚醒作用があり、リフレッシュした気分となり眠気が防止される。利尿作用があり、むくみの原因となる体内の不要物を外に出す効果も期待できる。お茶に特有の成分であるカテキンとの相乗効果で、脂肪蓄積抑制効果が高まることが研究によって明らかになっている。

最近話題の「抗酸化作用」を持つ成分

  • ビタミンC

    抗酸化作用・皮膚/血管の老化防止・免疫力アップ

    抗酸化力があるため活性酸素を取り除き、皮膚や血管の老化を防ぐ。また、白血球の働きを強化し、免疫力をアップさせる効果がある。人間は体内でビタミンCを作り出すことができないため、食品から摂取する必要がある。一般的にはビタミンCは熱に弱く分解されてしまうが、緑茶ではカテキン類がビタミンCを安定化させる作用を持つため、熱によってもビタミンCが破壊されず、効率的に摂取することができる。

  • ビタミンE

    抗酸化作用・生活習慣病予防・血流改善

    強い抗酸化作用を持つため、コレステロール・脂肪の酸化を防ぎ、生活習慣病の予防・改善に効果がある。また血管の収縮を抑えることで血流を改善、肩こりや腰痛、冷え性などの解消に役立つ。ビタミンCと同時に摂取することで、相互に作用を高めあう。

  • ポリフェノール

    抗酸化作用

    ポリフェノールは、植物全般に含まれており、苦みや渋みなどのもととなる化合物の総称である。約5000種類存在し、お茶にはカテキンやタンニンといった成分が主に含まれている。ポリフェノールは一般的に抗酸化作用をもち、人体に含まれる活性酸素を除去し、様々な病気を予防する力があることで注目されている。植物を摂取することで人体に吸収されるが、長期間蓄えることができないため、継続的に摂取する必要がある。

  • タンニン

    収れん作用・抗酸化作用・下痢改善

    渋みを感じる成分として有名。広義にはポリフェノールの一種。収れん作用があり、化粧品に配合すると肌の引きしめに効果的である。人体内でも同様に収れん作用をもたらすため、腸内の粘膜を刺激して腸を引き締めるため、下痢の改善にも用いられれる。カテキン同様に抗酸化作用をもち、血液中のコレステロールの酸化を防ぐことで、動脈硬化などの生活習慣病の原因を予防する効果がある。

女性に嬉しい、むくみ予防や整腸作用がある成分

  • カリウム

    高血圧・むくみ予防

    塩分に多く含まれるナトリウムを排出する効果を持ち、高血圧・むくみを予防する。お茶に含まれるミネラル成分の中では多数を占める。

  • 食物繊維

    ヒトは消化することができず、食品から摂取しても体外へ排出されるが、人体に様々な効能がある。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分類される。ともに腸内にたまった不要な老廃物を体外へ排出する働きを持ち、腸内環境を改善する。特に、抹茶は茶葉を丸ごと摂取するため、不溶性食物繊維も丸ごと摂取することができる。
    ・水溶性食物繊維・・・糖類の吸収を抑制し、血糖値の上昇を穏やかにする。また、コレステロールの吸収も抑制するため、糖尿病の予防や症状改善が期待される。
    ・不溶性食物繊維・・・体内で水分を吸収し膨張、腸を刺激して便を排出しやすくなる。

その他・殺菌/抗菌作用がある成分

  • サポニン

    殺菌/抗菌作用・咳の鎮静・痰の除去効果

    一般的に植物の葉・茎・根に含まれる成分で、殺菌/抗菌作用があり、古くは天然の石鹸成分として用いられていた。水に溶けると発泡作用があり、ボトルに入れたお茶が泡立ちやすいのはサポニンが含まれているためである。呼吸気管に作用し、異物を排除する分泌液の抽出を活発にすることで咳を沈めたり、痰を取り除く効果がある。

健康 お茶の種類別、栄養成分の違い

お茶の種類別、栄養成分の違い

お茶の種類

お茶は、製法によってその含有成分も様々。お茶の種類ごとに含まれている成分をまとめました。 成分量は、それぞれ100gあたりの成分を比較しています。

お茶に含まれるビタミンCの量

例えば、煎茶を166ml(約1杯分)飲むと、ビタミンCは10mg摂取することができます。

これは、レモン果実に換算すると1/2個にあたるビタミンCに相当します。レモンと比べてみても、お茶にはしっかりと栄養成分が含まれていることがわかります。
※レモン果実1個分=ビタミンC20mgと定められています。(社団法人全国清涼飲料工業会より)

ビタミンC以外にも、体に嬉しい成分がたっぷり。毎日の生活に日本茶を取り入れることが、手軽に栄養を補給することにつながります。

食品名 エネルギー
(kca)
カリウム
(mg)
ビタミンC
(mg)
カフェイン
(mg)
タンニン
(mg)
抹茶 324 2700 60 3200 10.0
玉露 5 340 19 160 0.23
煎茶 2 27 6 20 0.07
番茶
0 32 3 10 0.03
ほうじ茶 0 24 微量 20 0.04
玄米茶 0 7 1 10 0.01
烏龍茶 0 13 0 20 0.03
紅茶 1 2000 0 30 0.01
コーヒー 4 65 0 60 0.25
麦茶 1 6 (0) - -
スポーツドリンク 21 26 微量 - -
コーラ 46 微量 0 - -
レモン果汁 26 100 50 - -
抹茶は粉末100gあたりの成分を表示
煎茶~麦茶までは、浸出液100gあたりの成分を表示
スポーツドリンク~レモン果汁までは、100gあたりの成分を表示

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)「16 し好飲料類」より抜粋
※お茶に特有の成分「テアニン」「カテキン」はタンニンの一種であり、タンニンとまとめて計測・分析されています。

健康 お茶の種類から選ぶ

お茶の種類を学ぶ

お茶の種類

1つの茶樹から、無限の可能性。
抹茶、煎茶、玉露、ほうじ茶、紅茶、烏龍茶・・・。お茶には様々な種類がありますが、これらのお茶はすべて同じ「茶葉」から作られていることを知っていましたか?加工する際の工程の違いが、多彩なお茶の種類を生み出しています。ここでは、製法によるお茶の違いをご説明します。

お茶の種類

お茶の種類は大きく分けて
①不発酵茶、②半発酵茶、③発酵茶、④後発酵茶の4種類に分類されます。
一般的に「日本茶」と称されるのは、不発酵茶と呼ばれるお茶です。下記では、その中でも生産量の多い、代表的なお茶をご紹介します。

①不発酵茶

茶葉を収穫後、蒸す・炒る・煮るなど加熱する工程を経ることで、茶葉がもともと持っている酵素の働きを止め、発酵させずに乾燥させたものです。カテキンや旨味成分、ビタミンCなどが多く茶葉に残り、爽やかかつうまみある味わいで、日本で昔から親しまれています。

煎茶
  • (普通)煎茶

    生の葉を蒸した後、揉みながら乾燥し、針状に形が整えられたもの。爽やかな香り、旨味・渋みが調和し、のど越しの良い緑色のお茶となる。いわゆる「日本茶」の代表。

  • 深蒸し煎茶

    製法は普通煎茶と同じだが、蒸す時間を2~3倍ほど長くしたもの。渋みが抑えられ甘味が増す反面、香りは弱くなり葉が細かくなる。関東地方で好まれる。

  • 番茶

    新茶の季節以外や、収穫時期の合間に刈られた硬い茶葉を利用して作られた煎茶。さっぱりとマイルドな味わいで、旨味は少ない。ペットボトルなどのお茶に利用されることが多い。

煎茶の商品を見る
玉露・かぶせ茶
  • 玉露

    日本茶の中では「王様」とランクづけられる最上級煎茶。収穫前に覆いを被せ日光を遮り、茶葉の旨味成分を蓄え、強烈な旨味を持つお茶となる。生産量は僅少。

  • かぶせ茶

    玉露より覆いを被せる期間を短くしたお茶で、煎茶と玉露の中間の味わいを持つ。淹れ方によって味わいを変えられる万能選手。

玉露・かぶせ茶の商品を見る
碾茶・抹茶
  • 碾茶

    抹茶の原料となるお茶で、一般的には飲料に供されない。玉露と同じく収穫前に覆いを被せて旨味成分を蓄える。完成した後に一定期間熟成させ、抹茶の風味を醸成する。

  • 抹茶

    碾茶を石臼などで少量ずつ、ゆっくりと時間をかけて挽いたもの。熱を加えず挽くことで、美しい色と香りとなる。茶葉を丸ごと味わうため、茶の健康成分をすべて摂取することができる。

抹茶の商品を見る
再加工茶
  • ほうじ茶

    煎茶・番茶を褐色になるまで焙煎したもの。香ばしい香りが口の中をすっきりさせる、清涼感のある味わい。焙じる過程でカフェインがとび、カフェイン含有量は少ない。

  • ブレンドティー(d:ashi Tea)

    加工されたお茶に、別の原料を混ぜて風味や味わいを付けたもの。炒った玄米を混ぜた玄米茶や、ドライフルーツを混ぜたブレンドティーなど、多様な組み合わせが楽しめる。

ブレンドティーの商品を見る

②半発酵茶

茶葉を収穫後、生葉を放置し萎(しお)れさせ、茶葉が本来も酸化酵素の働きを働かせることを「萎凋(いちょう)」といい、茶葉に独特の色や香りを働かせることができます。
半発酵茶は、発酵の途中で茶葉を加熱し、発酵を止めたもの。その程度で様々な種類のお茶が製造されています。

烏龍茶
  • 烏龍茶

    半発酵茶の中で最も有名。発酵により芳しい香りが特徴的。一般的に渋み成分であるタンニンを多く含み、カテキンは少ない。中国が発祥と言われている。

③発酵茶

茶葉を収穫後しっかりと萎凋させたもの。一般的に、カテキンや旨味成分は減少し、代わりにタンニンが増え、香りが華やかに付加される。

紅茶
  • 紅茶

    代表的な発酵茶。世界中で飲まれており、愛好者が多い。発酵の過程でカテキンが酸化してできた成分により茶の色は赤くなる。熱湯を用いて、香りが立つように淹れる。

健康 インタビュー

静岡大学 茶山和敏准教授インタビュー
お茶に含まれる成分の健康機能性

静岡大学 茶山和敏准教授インタビュー

日本茶の持つ健康効果には様々な研究成果が発表されていますが、その内容がどんなものなのかは実際はわかりにくいもの。
そこで、静岡大学の茶山先生にインタビューを行い、最新の研究結果をわかりやすく教えて頂きました。日本茶で太らなくなる、といわれることもありますが、実際どのようなメカニズムが働いているのでしょうか・・・?

日本茶の持つ健康効果について勉強するため
静岡大学へインタビューにいってきました。

静岡大学 茶山和敏准教授
静岡大学学術院 農学領域
応用生命科学専攻
准教授 茶山和敏

食品成分及び天然物由来成分の生理学的機能性に関する研究に従事。お茶から抽出される成分の持つ機能性についての研究論文を多数執筆。

インタビュアー:田中美里
インタビュアー:田中美里

d:matcha Kyotoの創業メンバーのひとり。茶道や着付けなどの日本文化の勉強に夢中。実家は愛媛で代々続く、みかん農家。

お茶の研究に取り組んだきっかけはがん治療の研究

お茶の研究に取り組んだきっかけはがん治療の研究
早速ですが、先生がお茶の研究に取り組まれたきっかけを教えてください。
実は、最初からお茶の研究をしようと思っていたわけではないんです。私は、もともと東大の医科学研究所で乳がんの研究をしていたんですね。そんなある日、静岡県にある川根地方で、がんの発生が少ない、という疫学調査を知ったんです。要は、お茶を多く作っている地域の人はがんが少ないという。その調査を知った、当時の私の指導教員から、お茶をテーマにしてみないかと。それがきっかけで、お茶を生物に投与するような実験を始めました。
なるほど、いきなりお茶にいったのではなく、ある程度の予測があったのですね。
それでも、最初からうまくいったわけではなくて、いい結果はいきなりでなかった。そのあと、ご縁があって静岡大学に赴任することになり、やっぱりお茶処なのでお茶の研究を引き続き、やろうと。次はがんではなくて、エイズに効くかどうかも研究したんです
エイズに効く、なんてことがわかったらそれこそすごい結果ですね・・。
まあこの研究ではうまくデータは取れなかったんですけどね・・・。しかし、この実験がきっかけになりました。

解剖してびっくり。
お茶を投与したマウスに起きた変化とは・・・?

解剖してびっくり。お茶を投与したマウスに起きた変化とは・・・?
マウスにお茶の投与実験をしていたのですが、実験の後は分析のため、解剖をして臓器のチェックや、血液分析をするんです。その調査のために動物を解剖したときに気づいたのですが、明らかにお腹の中の脂肪の量が少なかったんですね。
なんと!
後からデータをとったんですが、この時は脂肪の重量が40%も減っていた。そこから、改めて実験をはじめたんです。マウスの餌の中に、粉末のお茶を混ぜて1%・2%・4%と割合を変えて長期間投与したんです。すると、2%以上になるとはっきりと脂肪が少ないことがわかりました。血中の脂質も減っていくんですね。ここから、お茶の成分には脂肪蓄積を抑制する効果があると考えるようになりました。
素晴らしい結果ですね・・・!
これらの結果から、お茶に含まれる成分をベースにした、特定保健用食品、いわゆるトクホが登場するきっかけになりましたね。

お茶に含まれる基本的な3つの成分からわかった抗肥満作用

お茶特有の旨味成分である「テアニン」の化学式
お茶に含まれる成分は様々で、カテキン、テアニン、カフェインが有名です。ビタミンC等、他にも様々な成分が入っていますが、お茶に特有の成分ということで、カテキンとテアニンがよく研究の対象となります。
カフェインというと、あまりたくさん摂取できないという方もいらっしゃいますが・・
もちろんカフェインを摂りすぎるのはよくないと思います。ただ、カフェインは時々悪者として言われることがありますが、実はお茶の成分の中では重要な働きをしているんです。ひとつには味。カフェインが多すぎると雑味として感じられるんだけど、カフェインがゼロでは味に深みがなくなってしまいます。
カフェインには味がないと思っていましたが、味を語る上でも重要なんですね。
そして、カフェインは機能性成分としても重要です。カテキン・テアニン・カフェインをそれぞれ投与する実験をすべての組み合わせで行ったんですが、カテキン・カフェインを組み合わせたものが、最も抗肥満作用があることがわかったんです。
具体的には、どのような作用が働いて抗肥満作用が働いているのでしょうか?
肝臓がつくる酵素に作用します。肝臓は、大きく分けて脂肪を合成する酵素と、分解する酵素の2種類を作り出します。カテキンとカフェインの組み合わせは、脂肪を合成する酵素の量を減らしつつ、酵素活性を下げる効果があり、かつ脂肪を分解する酵素の量を増やし、活性は上げる。つまり、脂肪が増えにくくなり、かつ減らしやすくなる、という両輪の効果があることがわかったんですね。
脂肪が増えにくくなり、かつ減らしやすくなるというのは非常に嬉しい研究結果ですね。それをきくとカテキンがしっかり含まれている煎茶や玉露などを飲みたくなります。

摂食を抑制する効果も!

脂肪の蓄積が抑制される効果以外にも、摂食抑制効果も研究で確認されています。インクレチン、という腸からでるホルモンがあるのですが、簡単にいうと、これ以上食べる必要がないよ~という判断を身体に指示します
なるほど、確かに食べ過ぎてしまうことは、太ってしまう理由ですので、摂食抑制、つまり早くに満腹感を感じるようになることで、食べ過ぎを防止することができるのですね。
そうですね、食後にお茶を飲むとほっとする、ということはよく言われますが、これ以上食べなくていいよ、という指令がお茶を飲むと出やすいのかもしれませんね。あくまで、これらはマウスを用いた動物実験の結果なので、ヒトに応用する際には注意が必要ですが、日本茶の持つ成分には期待ができるところです。

お茶に関するこれからの研究

静岡大学農学部ラウンジ
ここ最近注目が集まっていて、お茶の成分についての研究はかなり進められてきました。どのように作用して、お茶が身体の機能に影響を与えているかのメカニズムや、ヒトに対する応用なども日々新しい発見がされています。更に成分の研究が進むこともそうですが、お茶の成分(カテキン、テアニン、カフェインなど)と、新しい成分が組み合わされて、機能が相乗的に増幅されるような研究も進んでいくと思います。
組み合わせによって、何か機能が増幅されるような事例はあるのでしょうか?
例えば、べにふうきという品種のお茶と、生姜の組み合わせの研究があります。私もサポートした研究ですが、もともと生姜に熱産生効果や代謝を上げる成分がので、それらを組み合わせるとどうか、という実験がされています。べにふうきと生姜を合わせると、脂肪蓄積抑制効果が相乗的に高まる、とマウスの実験からわかっています。
お茶以外の食材を加えることで、美味しくお茶が飲めるようになることはもちろん、健康機能も高まることがわかればなお嬉しいですね。

インタビューを終えて

茶山先生には、お茶の最新の研究結果をかみ砕いて、非常にわかりやすく解説を頂きました。古くから、世界中で様々な方法で飲用されているお茶。昔から人々が伝えてきた「健康に良い」という経験値も、最新の科学によってそのメカニズムが次々と明らかにされています。今こそ、日本茶を再発見し、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

日本茶と健康

日本茶と健康

健康のベストパートナー飲料=日本茶

■1000年を超える歴史

日本で茶が飲まれ始めたのは、およそ1000年前。当時は僧侶や貴族階級を中心に飲まれていた貴重なものでした。

■「万病に効く薬」の効能は研究によって明らかに

中国の古い書には、お茶が「万病に効く薬」のように紹介されています。頭が冴える、眠気が飛ぶ、リフレッシュするなどの効能は、飲んだ人の体験によって伝えられていましたが、いまでは研究によって機能性が明らかになっています。

■日々進められるお茶の研究

主に「カテキン」「テアニン」といったお茶特有の成分に由来して、抗酸化作用、脂肪蓄積の抑制など、様々な効能が研究から発見されています。特に、日本茶に多く含まれるカテキン類に関する論文は2012年時点で年間700本以上発表されており、ますます注目を集めています。

静岡大学 茶山和敏准教授インタビュー
お茶に含まれる成分の健康機能性

静岡大学 茶山和敏准教授インタビュー

日本茶の持つ健康効果には様々な研究成果が発表されていますが、その内容がどんなものなのかは実際はわかりにくいもの。
そこで、静岡大学の茶山先生にインタビューを行い、最新の研究結果をわかりやすく教えて頂きました。日本茶で太らなくなる、といわれることもありますが、実際どのようなメカニズムが働いているのでしょうか・・・?

日本茶の持つ健康効果について勉強するため
静岡大学へインタビューにいってきました。

静岡大学 茶山和敏准教授
静岡大学学術院 農学領域
応用生命科学専攻
准教授 茶山和敏

食品成分及び天然物由来成分の生理学的機能性に関する研究に従事。お茶から抽出される成分の持つ機能性についての研究論文を多数執筆。

インタビュアー:田中美里
インタビュアー:田中美里

d:matcha Kyotoの創業メンバーのひとり。茶道や着付けなどの日本文化の勉強に夢中。実家は愛媛で代々続く、みかん農家。

もっと読む

お茶の種類を学ぶ

お茶の種類

1つの茶樹から、無限の可能性。
抹茶、煎茶、玉露、ほうじ茶、紅茶、烏龍茶・・・。お茶には様々な種類がありますが、これらのお茶はすべて同じ「茶葉」から作られていることを知っていましたか?加工する際の工程の違いが、多彩なお茶の種類を生み出しています。ここでは、製法によるお茶の違いをご説明します。

もっと読む

お茶の種類別、栄養成分の違い

お茶の種類別、栄養成分の違い

お茶は、製法によってその含有成分も様々。お茶の種類ごとに含まれている成分をまとめました。レモン果汁と比べてみても、お茶にはしっかりビタミンCが含まれていることがわかります。

もっと読む

日本茶に含まれる栄養成分

日本茶に含まれる栄養成分

お茶には様々な成分が含まれていますが、ここでは、代表的な成分を紹介します。特に、テアニン・カテキンはお茶に特有な成分で、様々な研究が行われています。

もっと読む

日本茶の歴史

日本茶の歴史 もっと読む

ページトップへ