日本茶と健康

健康のベストパートナー飲料=日本茶

■1000年を超える歴史

日本で茶が飲まれ始めたのは、およそ1000年前。当時は僧侶や貴族階級を中心に飲まれていた貴重なものでした。

■「万病に効く薬」の効能は研究によって明らかに

中国の古い書には、お茶が「万病に効く薬」のように紹介されています。頭が冴える、眠気が飛ぶ、リフレッシュするなどの効能は、飲んだ人の体験によって伝えられていましたが、いまでは研究によって機能性が明らかになっています。

■日々進められるお茶の研究

主に「カテキン」「テアニン」といったお茶特有の成分に由来して、抗酸化作用、脂肪蓄積の抑制など、様々な効能が研究から発見されています。特に、日本茶に多く含まれるカテキン類に関する論文は2012年時点で年間700本以上発表されており、ますます注目を集めています。

静岡大学 茶山和敏准教授インタビュー
お茶に含まれる成分の健康機能性

静岡大学 茶山和敏准教授インタビュー

日本茶の持つ健康効果には様々な研究成果が発表されていますが、その内容がどんなものなのかは実際はわかりにくいもの。
そこで、静岡大学の茶山先生にインタビューを行い、最新の研究結果をわかりやすく教えて頂きました。日本茶で太らなくなる、といわれることもありますが、実際どのようなメカニズムが働いているのでしょうか・・・?

日本茶の持つ健康効果について勉強するため
静岡大学へインタビューにいってきました。

静岡大学 茶山和敏准教授
静岡大学学術院 農学領域
応用生命科学専攻
准教授 茶山和敏

食品成分及び天然物由来成分の生理学的機能性に関する研究に従事。お茶から抽出される成分の持つ機能性についての研究論文を多数執筆。

インタビュアー:田中美里
インタビュアー:田中美里

d:matcha Kyotoの創業メンバーのひとり。茶道や着付けなどの日本文化の勉強に夢中。実家は愛媛で代々続く、みかん農家。

もっと読む

お茶の種類を学ぶ

お茶の種類

1つの茶樹から、無限の可能性。
抹茶、煎茶、玉露、ほうじ茶、紅茶、烏龍茶・・・。お茶には様々な種類がありますが、これらのお茶はすべて同じ「茶葉」から作られていることを知っていましたか?加工する際の工程の違いが、多彩なお茶の種類を生み出しています。ここでは、製法によるお茶の違いをご説明します。

もっと読む

お茶の種類別、栄養成分の違い

お茶の種類別、栄養成分の違い

お茶は、製法によってその含有成分も様々。お茶の種類ごとに含まれている成分をまとめました。レモン果汁と比べてみても、お茶にはしっかりビタミンCが含まれていることがわかります。

もっと読む

日本茶に含まれる栄養成分

日本茶に含まれる栄養成分

お茶には様々な成分が含まれていますが、ここでは、代表的な成分を紹介します。特に、テアニン・カテキンはお茶に特有な成分で、様々な研究が行われています。

もっと読む

日本茶の歴史

日本茶の歴史 もっと読む
ページトップへ


送料について

お買上5,000円(税抜)以上で送料無料!
日本郵便にてお届け致します。
・袋詰め商品:216円
・箱詰め商品:日本郵便運賃の実費
   リンク先、サイズ60cmの欄を参照


お支払い方法について

クレジットカード、後払い決済(コンビニ・郵便局・銀行)、銀行振込がご利用いただけます。


返品・交換について

お客様のご都合による返品・交換は10日以内にご連絡ください。送料及び手数料はお客様負担となります。