【2020年新茶販売】有機栽培応援プロジェクト 動画配信付き「農薬不使用栽培・新茶3品種(やぶきた・おくみどり・ごこう)」

価格: ¥4,200 (税込 ¥4,536)
数量:
農薬不使用栽培煎茶在庫購入
新茶3品種セット(40g×3袋)在庫あり

返品についての詳細はこちら

本商品は、農薬不使用栽培の煎茶やぶきた・おくみどり・ごこうの新茶セット販売です。
農作業の様子、茶葉の様子を動画で配信しながら、お客様にも生育を見守っていただけます。
【お茶の栽培・収穫をリアルタイムで動画配信】
まるで自分でお茶を育てているような疑似体験ができます。さらに、収穫した新茶をいち早くお届け致します。
バーチャルとリアルをミックスした新たな商品サービスです。
【有機栽培応援プロジェクト】
今年からd:matchaが腰を据えて挑戦する「有機栽培」。健康と環境の観点からニーズが年々高まっている一方で、非常に手間がかかります。
動画配信を通じて、スタッフと一緒にここ和束で有機栽培茶の生育を見届けませんか?

今年から有機栽培に本腰を入れます!

有機栽培茶プロジェクト
d:matchaでは日本・海外のお客様と接する中で、健康志向や環境意識の高まりから有機栽培茶へのニーズが年々高まっていることを感じています。
しかし、まだまだ有機栽培茶は日本では少なく、品質としても美味しくないものが多いのが現状です。
そこでd:matchaでは、今年から有機栽培茶に力を入れ、栽培技術の向上を積極的に図っていくことにしました。

有機JAS認証まで3年の長期プロジェクト。1年目は2020年収穫からスタート

実は「有機栽培茶」と銘打つためには、認証機関による認証が必要となります。
有機栽培を始めてすぐに有機栽培茶と認証されるわけではありません。一般的には、最短でも基準に則って栽培を始めてから3年の年月が必要です。
2020年収穫分からスタートして、3年後には有機JAS認証が取得できる見込みです。
この長い年月をお客様とともに、お茶を育てることを楽しんでいけたらと思い、こちらのサービスを開発いたしました。

【リアルタイムで動画配信!】お客様も一緒に有機栽培茶を育てませんか

畑の農作業の様子、葉の生育状況、収穫の様子など、農作業の様子を随時、動画で配信いたします。
農作業についてよく知ることができるとともに、お客様も一緒にお茶を育てているような気持ちで、お茶の生育を応援しながら見守っていただきたいと思います。
動画は随時You tubeおよびHPにアップロードしてまいります。アップロード完了の都度、ご購入いただいたお客様にメールでご案内しております。


畑レポートVol.1 2020/04/17
有機栽培を行う畑の芽が少しずつ伸びてまいりました!
今回はちょうど隣り合っている「やぶきた」「ごこう」品種の畑の芽の様子を撮影しました。
「ごこう」品種は京都品種。「やぶきたより」も芽が遅れて出てくる晩生品種です。
芽の成長のスピードも品種によって違うのが面白いところです。


畑レポートVol.2 2020/04/21
4/20時点の芽の大きさを実際に計測してみました。
「やぶきた」は3cmで芽数も増えてきました。
「おくみどり」は約2cm、「ごこう」はまだまだ小さいです。
雨も降ったのできっとこれからぐっと芽数も増えて、芽も大きくなると思います。楽しみです!


畑レポートVol.3 2020/04/26
やぶきたは4cm、ごこうは3cm、おくみどり3cmまで成長しました!
このところ和束町は朝晩が冷え込む日が多く、4月下旬ですがなんと霜が降りる日があります。
霜は新芽に致命的なダメージを与えるので、和束では防霜ファンという巨大な扇風機のようなものを使って、下の冷たい空気と上の温かい空気を対流させて霜がおりるのを防いでいます。


畑レポートVol.4 2020/05/03
無農薬栽培なのでテントウムシを畑に見つけました!アブラムシを食べてくれます(天然の農薬、生物農薬とも呼ばれます)
やぶきたは現在5センチ。約1週間後が収穫かと思います。
ごこうもだいぶ目数が増えています。約4センチ。もう少しで黒いシートをかぶせようと思います。おくみどりも約5センチまで伸びてきました。
湯船の畑は和束の他の場所よりも成長が遅い場所です。なぜなら夜間の温度が低いためです。葉の成長はゆっくり進みますが、その分香りのよいおいしい茶が獲れます。


畑レポートVol.5 2020/05/17
とうとう農薬不使用栽培のやぶきたを収穫致しました!
和束町湯船は朝晩の温度差があり、葉っぱが薄く香りがよいお茶を作ることができます。
収穫していて、芽の重さ・刈ってる感覚から、これはよいお茶になるなと思っていましたが、実際加工して製品になり確信に変わりました。
面白いことに適採期で収穫された茶ほど、加工の際苦労せず、勝手に茶になっていきます。
収穫の流れを映画風にしましたので是非お楽しみください。


畑レポートVol.6 2020/05/22
5月17日有機栽培プロジェクトのおくみどりを収穫致しました。おくみどりは7日間被覆をしました。
寒冷紗をかける理由は大きく分けて2つあります。
1.お茶の旨味を強くするため。
2.茶葉の色の緑を濃くします。
おくみどりの特徴は茎が長く、トマトのような香りがするのが特徴です。
約10センチ程度での収穫となりました。


畑レポートVol.7 2020/05/25
5月20日有機栽培プロジェクトのごこうを 15日間被覆し、収穫致しました。
京都品種であるごこうは玉露や抹茶やかぶせ茶などの被覆栽培に適しております。
ごこうの名前の由来は、「お釈迦様に後光がさす」の後光から名づけられました。被覆をせず収穫するとイモっぽい匂いがする癖が強い品種ですが、被覆をし旬で収穫すると抜群の地味を持つ品種です。
また、香気も独特でごこうの加工をしていると工場中がごこうの香りに包まれます。
収穫は終わりましたが茎の選別などの二次加工をしております。
旨味がのった美味しいお茶になっておりますので、是非お楽しみに今しばらくお待ちくださいませ。


畑レポートVol.8 2020/07/4 白山神社への絵馬の奉納
先日、有機栽培プロジェクト1年目の収穫を終えられたことを記念して畑に隣接する湯船・白山神社に絵馬の奉納をさせていただきました。
【湯船地区白山神社】
「湯船」という地名は、その昔、神社で毎年除夜に沐浴して一年中の罪穢を洗い落としたと云われる湯槽があり、ここから湯船村という地名が生まれたと言われています。
約1300年前に建立された歴史ある神社です。
【オリジナル絵馬制作と奉納の様子】
農業というのは、その土地の恵み・天候など様々な自然要因によってその実りを得ることができます。
自然への畏敬の念や土地への感謝など、農業に携わっているからこそ感じることも多くあります。
今年無事に収穫を終えられたことを土地の神様に感謝し、またご支援いただいた皆様のご健康・ご多幸をお祈りすべく、オリジナルの絵馬を制作・奉納致しました。
その様子を動画にまとめましたので、よければご覧いただけますと幸いです。

【2020年6月末】収穫した新茶(煎茶)をいち早くお届け

こちらのお茶の収穫は2020年5月上旬~下旬を予定しています。
収穫した煎茶は仕上げ加工と袋詰めを終え次第すぐ、6月以降にご購入いただいたお客様に郵送させていただきます。
※仕上げ加工にお時間をいただいておりましたが、6月末に無事にご予約いただいていたお客様のお茶を発送させていただきました。

畑は和束町の最北端・湯船地区

煎茶MAP
今回取り組む有機栽培茶の畑は、和束町の中でも最北端に位置する湯船地区。
煎茶の評価が高い和束の中でも、最も冷涼な気候で、爽やかな香りの高い煎茶ができる土地です。

品種は「やぶきた・おくみどり・ごこう」の3種

品種は、味の違いが良くわかる、「やぶきた・おくみどり・ごこう」の3品種でご用意させていただく予定です。
品種別の特徴はこちらをご覧ください。

商品情報

内容 2020年新茶3種の先行予約の受付サービスです。
和束・湯船地区で農薬不使用栽培を行った「やぶきた・おくみどり・ごこう」の3品種
畑作業やそれぞれの栽培方針など、動画で情報共有させていただきます。
内容量 煎茶3品種 各40g (袋入り)
賞味期限 煎茶:商品発送後12か月目安
配送方法 常温便
のし対応 可。ご注文時の配送日時指定の備考欄にご希望内容をお申し付けください。

この商品を買った人は以下の商品をチェックしています

ページトップへ