【d:aily】Houji-cha / 京都宇治深煎りほうじ茶

価格: ¥600 (税込 ¥648) ¥1,000 (税込 ¥1,080)
数量:
規格価格在庫購入
40g(袋)¥600(税込 ¥648)在庫あり
80g(袋)¥1,000(税込 ¥1,080)在庫あり
ティーバッグ(10包)¥600(税込 ¥648)在庫あり

返品についての詳細はこちら

 毎日の生活の中心にいる、普段使いのみんなのお茶
ほうじ茶はカフェインの含有量も少なく、そのすっきりとした味わいから、毎日・どんな時にでも飲むことができます。みなさんの、毎日に寄り添いたい。そんな気持ちで名付けたのがこの「d:aily」のほうじ茶です。

商品ご紹介

深煎りほうじ茶 商品のご紹介
深煎りほうじ茶・急須

商品名に込めた想い

お茶を日頃から、たくさん飲み比べる私たちでも、思わずほっとするのが、このほうじ茶を飲むとき。
「ふだんに使えるお茶」ということで「d:aily」の名前を冠しています。煎茶や玉露は甘み・旨み成分を多く含む一方で、苦味・渋み成分やカフェインを多く含むこともあり、妊婦の方や、寝る前に飲むことには抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。また、お子様には濃い煎茶はカフェインの刺激が強いかもしれません。
しかし、ほうじ茶だったら、カフェインの含有量もほとんどなく、そのすっきりとした味わいから、毎日・どんな時にでも飲むことができます。

極力農薬の使用を控えた、自然そのままの茶畑から

茶葉は極力農薬の使用を控えた、ワイルドな自然そのまま環境ですくすくと育ったこだわりの茶葉を使用しています。(d:matchaで取り扱う商品はすべて厳正な農薬検査を経たものだけを販売しております)

お茶のカフェインについて

ほうじ茶にカフェインが含まれていない、と書くと、日ごろ飲む煎茶や抹茶などののカフェインを心配する方もいらっしゃるかと思います。確かに、子どもには煎茶や抹茶をたくさん飲ませることは避けるのが無難でしょう。大人にとっては、日本茶のカフェインの効果は緩やかなものとなります。というのも、お茶にはカフェインの他に、旨み成分であるテアニンが多く含まれており、テアニンには鎮静作用があります。このテアニンが、カフェインの興奮作用と拮抗し、興奮を抑制するために、お茶を呑んでも栄養ドリンクのように極端に興奮することなく、穏やかな興奮作用となるのです。

ほうじ茶の特徴

焙じ茶は、その名前の通り茶葉を「焙じて」作られたもの。その焙じる過程で、茶葉に含まれるカフェイン成分が”とんで”いくために、カフェインの含有量が減少すると同時に、独特の香ばしい香りが茶葉につくのです。

※焙じ茶には、その焙じ方や度合によって味わいは様々ですが、我々が今回用意した焙じ茶は「深炒り」タイプ。そのスモーキーな香ばしい香りはを味わうと、口の中がすっきりとしてえも言われぬ清涼感を感じます。

スタッフから一言

もともと家庭でお茶をよく飲む(飲んでいた)という方は、お茶といえばこのほうじ茶を思い浮かべる方も少なくないでしょう。熱湯で気軽に淹れられること、また味わいは香ばしくもすっきりとしていて、様々なシーンに馴染む万能選手です。和食を供する飲食店で、お会計をお願いすると、合わせて出てくることも多いですね。緑茶よりもカフェインを含まないため、飲む時間帯も選びません。普段から家族で飲むにはピッタリです。

その値段の求めやすさからも、毎日・ふだんに呑むのにぴったりなほうじ茶。熱湯で淹れたアツアツのほうじ茶を、ふうふうと冷ましながら飲むのは、日本人誰しもが心に持つ、お茶のシーンではないでしょうか。もちろん、入れたほうじ茶を冷やしてロックで楽しむのもいいですね。
「d:aily」の楽しみをともにできる、そんな深煎りほうじ茶をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

淹れ方による味わいの変化

ほうじ茶を淹れる時には、神経質になる必要はありません。
がさっとすくい、ざばっと急須にいれ、熱湯をどどっと注ぐ。それだけでOK。ちょっと濃くなってしまったら、熱湯で薄めても問題ありません。あえて濃く淹れて、氷とともにロックで楽しむのもいいですね。

熱湯出し(分量は二人前)

熱湯(90℃~100℃)
清涼感
★★★★

苦味・渋み
ほぼ無し
香り高さ
★★★★★

スモーキー

茶葉を焙じる過程で苦味成分の中心であるカフェインは昇華し、またカテキンも破壊され少なくなっています。つまり、苦味・渋み成分が抑えられ味はあっさりとした清涼感を感じ、口の中がさっぱりとします。

  1. 1.急須にほうじ茶を、大さじ2杯分(6gほど)加えます。
    ※ほうじ茶はその製法上、他の茶葉に比べると見た目がかさばることが多いので、茶葉の量がちょっと多めに見えることがあります。
  2. 2.沸かした熱湯を、そのまま急須に注ぎます。目安は大体250mlほど。少しの量の増減は気にせずとも問題ありません。
    ※熱湯を使用するため、急須もかなり熱くなるのでお気をつけ下さい。
  3. 3.30秒ほど経ったら、均等の濃さになるように、回し注ぎを行う。
  4. 4.飲み終わったら、再び熱湯を注ぎ、2杯目、3杯目と楽しむことができます。

ほうじ茶を、冷たくロックで(分量は二人前)

ほうじ茶・ロックで
清涼感
★★★★★

苦味・渋み
ほぼ無し
香り高さ
★★★★

スモーキー

冷やされることで、ほうじ茶が持つさっぱりとした味わいをより強く感じることができます。暑い日に、ごくごくと喉を鳴らして味わってほしい一杯です。

  1. 1.急須にほうじ茶を、大さじ2杯分(6gほど)加えます。
    ※ほうじ茶はその製法上、他の茶葉に比べると見た目がかさばることが多いので、茶葉の量がちょっと多めに見えることがあります。
  2. 2.氷を耐熱製のコップにたっぷりといれておきます。
  3. 3.沸かした熱湯を、そのまま急須に注ぎます。目安は大体150mlほどと、濃い目に抽出することをこころがけます。
    ※熱湯を使用するため、急須もかなり熱くなるのでお気をつけ下さい。
  4. 4.30秒ほど経ったら、均等の濃さになるように?のコップへ回し注ぎを行う。少しコップを揺らし、ほうじ茶と氷が混じったら出来上がりです。
  5. 5.2杯目、3杯目と楽しむことができます。注ぐたびに、氷を足すのがよいでしょう。

ほうじ茶を水出しで(分量は二人前)

ほうじ茶の水出し
清涼感
★★★★★

苦味・渋み
ほぼ無し
香り高さ
★★★

スモーキー

暑い日にお茶で水分補給するには、たくさん淹れて冷蔵庫にて冷やしておくのがいちばん。ほうじ茶の香りを立たせつつも大量に淹れるには、一度蒸らすように熱湯を使うのがポイントです。

  1. 1.耐熱性で1Lほどの容量があるポットに、茶葉をそのまま大さじ2杯(6gほど)入れます。
  2. 2.1に茶葉がひたるほどの熱湯をいれ、1~2分ほど蒸らして茶葉を開かせます。
  3. 3.水を淹れ、軽く混ぜたのちに冷蔵庫にいれてゆっくりと抽出する。大体1時間ほどすると飲み頃です。
    ※1.の茶葉を、ティーパックに入れておくと、ゴミ捨ても簡単となるためオススメです。
    ※耐熱性のポットがない場合は、別途マグカップにほうじ茶をいれ熱湯に浸し、一度茶葉を開かせたものを水差しポットに茶葉をいれ、水を足しても問題はありません。
    ※ほうじ茶は、焙じる過程で苦味・渋みといった成分を昇華させているので、長時間入れたとしてもお茶が極端に渋くなったりすることはありません。しかし、冷蔵庫で保存する前には茶こしなどで茶葉をとりだしておくと、より雑味のないすっきりとした味わいとなります。

こんなシーンにオススメ

家族のだんらんにはノンカフェインのほうじ茶で

家族の中心に。みんなが同じ急須から注がれた、同じ茶を呑むだんらん:ほうじ茶には、通常お茶に含まれているカフェインがほとんど含まれておりません。そのため、子どもや妊婦、お年寄りなどでも呑むことのできるお茶です。またその味わいは、清涼感感じるさっぱりとした味わいで、どんなシーンにもぴったり。同じ急須から注がれたほうじ茶は家族全員でシェアできる、だんらんの場にぴったりなお茶です。

夜、家に帰ってほっと一息

夜、家に帰ってほっと一息:夜にコーヒーや煎茶、玉露を呑むと、そのカフェインの作用から眠れなくなってしまう人もいるでしょう。ほうじ茶であればその心配はありませんので、寝る前に呑んでも大丈夫。就寝前のリラックスする時間のおともに、優しい味わいのほうじ茶はいかがでしょうか。

喉の渇き・水分補給に

外出中の水分補給に:ほうじ茶は、一度にたくさん抽出することに向いているため、水分補給のためにドリンクとしてぴったり。また、煎茶に比べると時間が経っても味わいの変化が少ないため、持ち運ぶのにも適しています。

生産現場より

お茶の生産地・京都府相楽郡和束町

このお茶が生産されたのは京都府の南に位置する、相楽郡和束町。
町の中央には清流が流れ、山里には緑が輝き、澄み切った自然の中でのびのびとお茶を栽培しています。
和束町はお茶を栽培するのに、気象的・地形的に非常に恵まれています。

古くから香り高い高級煎茶を栽培し、現在では宇治茶の4割弱を生産する産地です。
「宇治茶」と銘打ってあるお茶を飲んだ時には、知らず知らずのうちにこの和束茶を飲んでいる方も多いでしょう。
私たちd:matchaは、この和束で代々お茶農家を営む生産者の茶畑まで足を運び、茶葉を直接仕入れて販売しています。

この商品は、茶葉を焙じる際に「深炒り」、つまり焙じる時間を長めに設定した茶葉となります。

そのスモーキーな香りとさっぱりとした味わいは、これじゃないとほうじ茶としてものたりない、という熱烈なファンが生まれるほど。

焙じる際には、その日の天候や、茶葉の状態を見極めて最適な火加減で焙じ方を調整しています。

お茶の生産地・京都府相楽郡和束町
お茶の生産地・京都府相楽郡和束町

私達は、茶の生産から販売まで全てに関わっているため、自分達の目で栽培されている茶葉を見て、産地で茶を味わい、納得のいく茶葉を仕入れてお客様にお届けしております。

また、お客様の声を直接茶葉の生産現場に反映して、茶葉の生産からお客様の期待に応えられるように改善、努力していきます。


商品情報

産地 京都府相楽郡和束町
栽培方法 露地
加工地 京都府和束町産
原材料 緑茶(京都府和束町産)
賞味期限 商品発送後6か月目安

商品のご紹介


深煎りほうじ茶

商品名に込めた想い

お茶を日頃から、たくさん飲み比べる私たちでも、思わずほっとするのが、このほうじ茶を飲むとき。もともと家庭でお茶をよく飲む(飲んでいた)という方は、お茶といえばこのほうじ茶を思い浮かべる方も少なくないでしょう。熱湯で気軽に淹れられること、また味わいは香ばしくもすっきりとしていて、様々なシーンに馴染む万能選手です。緑茶よりもカフェインを含まないため、飲む時間帯も選びません。普段から家族で飲むにはピッタリです。

「ふだんに使えるお茶」ということで「d:aily」の名前を冠しています。煎茶や玉露といったお茶は、甘み・旨み成分を多く含む一方、苦味・渋み成分やカフェインを多く含むこともあり、妊婦の方やお子様、寝る前に飲むことには抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。しかし、ほうじ茶だったら、カフェインの含有量も少なく、そのすっきりとした味わいから、毎日・どんな時にでも飲むことができます。

極力農薬の使用を控えた、自然そのままの茶畑から

茶葉は極力農薬の使用を控えた、ワイルドな自然そのまま環境ですくすくと育ったこだわりの茶葉を使用しています。(d:matchaで取り扱う商品はすべて厳正な農薬検査を経たものだけを販売しております)

味わい方

ほうじ茶は、その名前の通り茶葉を「焙じて」作られたもの。その焙じる過程で、茶葉に含まれるカフェイン成分が”とんで”いくために、カフェインの含有量が減少すると同時に、独特の香ばしい香りが茶葉につくのです。
焙じ茶には、その焙じ方や度合によって味わいは様々ですが、我々が今回用意した焙じ茶は「深炒り」タイプ。そのスモーキーな香ばしい香り、ひと口味わうと、口の中がすっきりとしてえも言われぬ清涼感を感じます。

スタッフから一言

その値段の求めやすさからも、毎日・ふだんに呑むのにぴったりなほうじ茶。熱湯で淹れたアツアツのほうじ茶を、ふうふうと冷ましながら飲むのは、日本人誰しもが心に持つ、お茶のシーンではないでしょうか。もちろん、入れたほうじ茶を冷やしてロックで楽しむのもいいですね。
「d:aily」の楽しみをともにできる、そんなほうじ茶をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

淹れ方による味わいの変化


ほうじ茶を淹れる時には、神経質になる必要はありません。がさっとすくい、ざばっと急須にいれ、熱湯をどどっと注ぐ。それだけでOK。ちょっと濃くなってしまったら、熱湯で薄めても問題ありません。


熱湯出し(分量は2人前)

  • 清涼感・・・★★★★
  • 苦味・渋み・・・ほぼ無し
  • 香り高さ・・・★★★★★

スモーキー

茶葉を焙じる過程で苦味成分の中心であるカフェインは昇華し、また苦味を感じる成分であるカテキンも破壊され少なくなっています。苦味・渋みが抑えられ味はあっさりとした清涼感を感じ、口の中がさっぱりとします。

  1. 1.急須にほうじ茶を、大さじ2杯分(6gほど)加えます。
    ※ほうじ茶はその製法上、他の茶葉に比べると見た目がかさばることが多いので、茶葉の量がちょっと多めに見えることがあります。
  2. 2.沸かした熱湯を、そのまま急須に注ぎます。目安は大体250mlほど。少しの量の増減は気にせずとも問題ありません。
    ※熱湯を使用するため、急須もかなり熱くなるのでお気をつけ下さい。
  3. 3.30秒ほど経ったら、均等の濃さになるように、回し注ぎを行う。
  4. 4.飲み終わったら、再び熱湯を注ぎ、2杯目、3杯目と楽しむことができます。

氷を用いて、ほうじ茶をロックで(分量は2人前)

  • 清涼感・・・★★★★★
  • 苦味・渋み・・・ほぼ無
  • 香り高さ・・・★★★★

スモーキー

冷やされることで、ほうじ茶が持つさっぱりとした味わいをより強く感じることができます。暑い日に、ごくごくと喉を鳴らして味わってほしい一杯です。

  1. 1.急須にほうじ茶を、大さじ2杯分(6gほど)加えます。
    ※ほうじ茶はその製法上、他の茶葉に比べると見た目がかさばることが多いので、茶葉の量がちょっと多めに見えることがあります。
  2. 2.氷を耐熱製のコップにたっぷりといれておきます。
  3. 3.沸かした熱湯を、そのまま急須に注ぎます。目安は大体150mlほどと、濃い目に抽出することをこころがけます。
    ※熱湯を使用するため、急須もかなり熱くなるのでお気をつけ下さい。
  4. 4.30秒ほど経ったら、均等の濃さになるように?のコップへ回し注ぎを行う。少しコップを揺らし、ほうじ茶と氷が混じったら出来上がりです。
  5. 5.2杯目、3杯目と楽しむことができます。注ぐたびに、氷を足すのがよいでしょう。

こんなシーンにオススメ


ほうじ茶を呑むオススメのシーン

家族の中心に。みんなが同じ急須から注がれた、同じ茶を呑むだんらん。

ほうじ茶には、通常お茶に含まれているカフェインがほとんど含まれておりません。そのため、子どもや妊婦、お年寄りなどでも呑むことのできるお茶です。またその味わいは、清涼感感じるさっぱりとした味わいで、どんなシーンにもぴったり。同じ急須から注がれたほうじ茶は家族全員でシェアできる、だんらんの場にぴったりなお茶です。

夜、家に帰ってほっと一息

暑夜にコーヒーや煎茶、玉露を呑むと、そのカフェインの作用から眠れなくなってしまう人もいるでしょう。ほうじ茶であればその心配はありませんので、寝る前に呑んでも大丈夫。就寝前のリラックスする時間のおともに、優しい味わいのほうじ茶はいかがでしょうか。

外出中の水分補給に

ほうじ茶は、一度にたくさん抽出することに向いているため、水分補給のためにドリンクとしてぴったり。また、煎茶に比べると時間が経っても味わいの変化が少ないため、持ち運ぶのにも適しています。

生産現場より


京都・和束町の紹介

和束町の紹介

このお茶が生産されたのは京都府の南に位置する、相楽郡和束町。
町の中央には清流が流れ、山里には緑が輝き、澄み切った自然の中でのびのびとお茶を栽培しています。

和束町はお茶を栽培するのに、気象的・地形的に非常に恵まれています。古くから香り高い高級煎茶を栽培し、現在では宇治茶の4割弱を生産する産地です。
「宇治茶」と銘打ってあるお茶を飲んだ時には、知らず知らずのうちにこの和束茶を飲んでいる方も多いでしょう。

私たちd:matchaは、この和束で代々お茶農家を営む生産者の茶畑まで足を運び、茶葉を直接仕入れて販売しています。

d:matchaの思い

私達は、茶の生産から販売まで全てに関わっているため、自分達の目で栽培されている茶葉を見、産地で茶を味わい、納得のいく茶葉を仕入れて、お客様にお届けしております。また、お客様の声を直接茶葉の生産現場に反映して、茶葉の生産からお客様の期待に応えられるように改善・努力していきます。

産地情報

産地 京都府相楽郡和束町産
栽培方法 露地
加工地 京都府和束町産
原材料 緑茶(京都府和束町産)
賞味期限 商品発送後6か月目安

ページトップへ